家族だけの格式結婚式

結婚式は費用が掛かる

結婚式というと、親族や友人をはじめ、大勢の人を招待して行うものというイメージがあるものです。大勢の人を招待すると費用が掛かってしまうのは当然のことなので、新生活のためにお金を残したいから結婚式を行わないというカップルも増えてきています。しかし、格安で結婚式を行うことができる方法があります。それが、家族だけで行う結婚式です。家族婚とも言われており、新郎新婦とその家族で行われるものですが、家族同然の親しい友人を招くこともあり、多くても10人程度で行われる結婚式となっています。人数が少なくなりますので、結婚式にかかる費用は多くの人を招くよりも格段に安くなりますし、それと同時に嬉しいメリットを得ることもできます。

家族だけだからこそのメリットとは

結婚式というと、新郎新婦と招待客との距離が離れていて、家族や友人などと遠く距離が離れてしまっていたり、タイムスケジュールが決まっていて、離しをすることができないというケースも少なくありません。しかし家族だけの結婚式ならば人数も少ないので、家族ととても近い距離で話をすることができます。また、一般的な結婚式のような「呼ばれたから来た」というような人もいませんので、本当に二人の結婚を喜んでくれる人たちだけで結婚式を行うことができます。引き出物もその人のために選ぶことができますので、喜んでもらえるものを贈ることができるでしょう。
多くの人を招待した結婚式ではなく、人数が少ない結婚式だからこそのメリットがあります。

親族のみの結婚式は、ゲストの予定を合わせやすいので、式の日程を決めやすく、あまり気を使わなくても良いので人気です。